潮騒

-Aco-

三島由紀夫の『潮騒』、何となく目に付いて、久しぶりに読み返しました。


前に読んだのは、おそらく22~23歳くらいだったと思います。

その時も気に入ったのですが、約15年経って読み返してみると、より深くというか、しっかりとというか、前とは違う質で楽しみました。

うまく説明できないのですが、以前読んだときは、よく噛まずに楽しんで読んだという感じで、今は、その良さをしっかり噛みしめて読んだという感じです。たぶん。

さらに15年後は、「15年前はまだよく噛んでいなかった」と言っているかもしれませんが。。

本を読み返すのはいいものです。

人気の投稿