2018年10月12日金曜日

"猫と過ごす時間"

- Mariko -

うちには猫がいる。2011年の9月頃に突然うちの勝手口に住み着いて、その3、4日後、まんまと家に入れてしまってから家族となった。

 http://acomariko.blogspot.com/2011/09/blog-post_28.html

2011年9月 にゃあと命名

私は子供の頃から犬しか飼ったことがなかったので、猫との距離感を掴むには、相当の年月を必要とした。今はやっと少し距離を掴めてきた感じだ。

うちの猫は、庭に出たい時は窓際で「にゃー」と言って出してもらい、好きなだけ庭で外気を満喫したら、窓の外からこっちを見つめて「にゃー」と言って入れてもらう自由な暮らしをしている。

いつのまにか呼び名が”にゃんくん”に変わる

自由気ままなうちの猫、抱っこしたいけれど、シューっと逃げてしまってなかなか抱っこさせてもらえない。。。
でも一日に一度だけ抱っこできる時間がある。それは朝。
猫は1階のリビングに寝ていて、私が2階の寝室から降りてくると、「にゃー」と言ってすり寄ってくる。
そして "抱っこして" アピール。 抱っこするとすぐ、"ぐるぐるぐるぐるぐる……"
「う~~、かわいい……」 至福の時間。 
と思いつつ、「いかん!支度しなきゃ!」と、猫を腕の中から降ろす。
だって今からお弁当を作って、シャワーを浴びて身支度をせねばならないんだもの。

すると猫はご立腹。
「なんで降ろすにゃー!!!!」
と言わんばかりに、私の足に猫パンチを4発放つ。
パンチを喰らう度に「私があと15分早く起きればいいのに…」と思う毎日。

あと15分早く起きるために、今の生活スタイルを見直さなければならないなと思う今日この頃。
家族との関わり、踊ること、仕事、人との関わり、体作り、芸術を楽しむこと、釣りのこと、それ以外のことを楽しむこと、などなど。