2018年10月12日金曜日

"猫と過ごす時間"

- Mariko -

うちには猫がいる。2011年の9月頃に突然うちの勝手口に住み着いて、その3、4日後、まんまと家に入れてしまってから家族となった。

 http://acomariko.blogspot.com/2011/09/blog-post_28.html

2011年9月 にゃあと命名

私は子供の頃から犬しか飼ったことがなかったので、猫との距離感を掴むには、相当の年月を必要とした。今はやっと少し距離を掴めてきた感じだ。

うちの猫は、庭に出たい時は窓際で「にゃー」と言って出してもらい、好きなだけ庭で外気を満喫したら、窓の外からこっちを見つめて「にゃー」と言って入れてもらう自由な暮らしをしている。

いつのまにか呼び名が”にゃんくん”に変わる

自由気ままなうちの猫、抱っこしたいけれど、シューっと逃げてしまってなかなか抱っこさせてもらえない。。。
でも一日に一度だけ抱っこできる時間がある。それは朝。
猫は1階のリビングに寝ていて、私が2階の寝室から降りてくると、「にゃー」と言ってすり寄ってくる。
そして "抱っこして" アピール。 抱っこするとすぐ、"ぐるぐるぐるぐるぐる……"
「う~~、かわいい……」 至福の時間。 
と思いつつ、「いかん!支度しなきゃ!」と、猫を腕の中から降ろす。
だって今からお弁当を作って、シャワーを浴びて身支度をせねばならないんだもの。

すると猫はご立腹。
「なんで降ろすにゃー!!!!」
と言わんばかりに、私の足に猫パンチを4発放つ。
パンチを喰らう度に「私があと15分早く起きればいいのに…」と思う毎日。

あと15分早く起きるために、今の生活スタイルを見直さなければならないなと思う今日この頃。
家族との関わり、踊ること、仕事、人との関わり、体作り、芸術を楽しむこと、釣りのこと、それ以外のことを楽しむこと、などなど。


2018年10月10日水曜日

素敵なミロンガ

- Mariko -


先日、休みの日にテレビで適当にYouTubeを流していたら、素敵なミロンガの映像を発見したので、皆さんに共有したいと思います。
 ※音が後付けなのが少し残念ですが...

https://www.youtube.com/watch?v=bOndI-qlYUs&feature=youtu.be

スペインで開かれたフェスティバルでのミロンガのようですが、地元の人だけでなく、フランスやイタリアなど、近隣諸国からの参加者で賑わっています。

本場ブエノスアイレスではないところでのミロンガ、私達と同じ外国人(アルゼンチン人から見て)のタンゴ愛好家達。
このミロンガでは皆さん素敵に踊っていますね♪

カベセオ(視線を送って誘うこと)のスマートな様子がよく映されています。日本と同じく女性の割合が多いですが、フロアで待機している様子も面白い。友達とワインを飲みながら楽しくお喋りしていたり、それでもしっかり受信アンテナを張っていたり(笑)

男性も女性もお洒落をして、清潔感があります。
そして何より音楽を楽しみながら、深いアブラソをしてお互いを理解しようとしているように見えます。
相手や周りの迷惑になるようなステップを使っている人はいません。

タンゴの楽しみ方はミロンガだけではありませんが、こんなミロンガが日本にあったら素敵だなと思ったので、皆さんに共有しようと思いました。

***

少し話は変わりますが、私の記憶に残るミロンガでの振舞いに関する生徒さんとの会話を紹介したいと思います。


タンゴを始めたばかりの女性の生徒さんから、「パーティーではこちらから男性をお誘いしてはいけないのですか?」と質問をされました。

私は「ミロンガでは女性から誘うのはマナー違反ですよ」と答えました。知らないことがあるのは当然です。そしてどのようにしたら誘われやすいかを伝えました。


もう一つの会話。
私達のレッスンを受けている、ある男性の生徒さん、タンゴ歴は長いけど、ミロンガで女性を誘う時に、目の前に行って手を差し出してしまう。。。

それを何度か見かけていたので、「ミロンガではカベセオで誘うのがマナーですよ」とアドバイスをしました。

次週のレッスンで彼が、「カベセオしたけど誰とも目が合いません。。。」

私「・・・それは誘いを避けられているのです。でも目の前に手を差し伸べて半ば無理やり踊ってもらって嬉しいですか?」
彼「・・・いいえ」

そして、どのようにすればカベセオが成功しやすいかを話しました。

簡単ではないし、ちょっと時間はかかるけれど、そうすれば必ず素敵なミロンゲーロになれると伝えました。

最近、彼が「ミロンガで頑張ってカベセオしています。この前は全然成功しなくて一人の女性としか踊れなかったけれど、これからもカベセオで行きます!これまで随分強引なことをしていたんだなと思いました。教えて頂いて良かったです。」と言われました。

嬉しかったです。人は失敗するのが常ですが、自分の行いを省みて、改めることができる人は本当に素晴らしいと思います。自分もそうありたいと思いました。

2018年8月24日金曜日

2018年の夏休み

- Aco -

今年の夏休みは、久しぶりに島根に帰りました。
5年ぶりの帰省です。長い間、帰っていませんでした。

やはり故郷はいいですね。
高い空、茂る草木、澄んだ海、朝日と影、夕日と影。心が洗われました。


写真を紹介します↓


➤➤➤ 出発の日

釣り道具を含む荷物。
1年前から旅の荷物が変わってきている。。

羽田空港

出雲縁結び空港。
おもしろい空港名です。

島根のゆるキャラ ” しまねっこ ” と。


➤➤➤ 2日目

高台にあるお寺から松江城が見える。

おばあちゃん家の前。
景色は少し変わったけれど、昔からこの場所が好きでした。

中海という名の湖。汽水湖。


➤➤➤ 3日目は早朝から海へ







小さい魚の群れ


第一号はベラ → リリース

釣り続ける人と泳ぎ始める人。





➤➤➤ 海から帰ったら、昼寝をしてから夜釣りへ(笑)

仕掛ける ” くの一 ”

32cmのセイゴ!!
Mariko 好調で、その後も31cmのセイゴを釣る。
私は25cmくらいのを数匹。


➤➤➤ 最終日は、新鮮な海の幸を堪能してから のんびり帰り支度。

海で釣ったワカシであら汁

Marikoが釣ったセイゴの塩焼き

親戚からもらった新鮮なサザエを刺身で

宍道湖。
この時間よりもう少し後に見れる、宍道湖の赤い夕日は本当に美しい。

出雲空港近辺にて


さて、明日からフレッシュな心と身体で頑張ります!

2018年8月9日木曜日

普段はこんな物を食べています。

-Mariko-

前回のブログの後で、私がゴリゴリにダイエットをしているように思われた方がいらっしゃるようなので、今回は「普段こんな物を食べています。」というテーマにしました。

そもそも、このブログを書く前から「普段、食事はどうなさっているのですか?」という質問をよくされていたので、いつか「こんなものです」って説明するためにちょこちょこと撮っていた写真を公開します♪

毎日、だいたい11時~13時頃までにスタジオに到着。
朝、出掛ける支度をして、電車でスタジオに辿り着く頃に丁度お腹が空いています。
まずは1食目のお弁当を食べます♪

そしてレッスン開始!

夕方6時頃に2食目を食べます。
2食とも しっかりお弁当の時もあるし、レッスンが詰まっていて休憩が取れない時はパクっと摘まめる物にしたり、メニューはスケジュールを見て、前日の夜に決めることが多いかな。

Acoが持っているガラガラ(キャリーバッグ)は、見た目ダンサーっぽくてかっこいいのですが、実は二人分のお弁当×2が入っています(笑)



パスタサラダ

炊き込みご飯


いなり寿司

豆ご飯

高菜明太ご飯

やきそば


カルビ弁当

ちらし寿司

チャーハン


Aco大好きパスタサラダ


モダン焼き


回鍋肉
たまにはベランダで食べたり。


差し入れを頂くこともあるので、その時はデザートを食べたりします。

夜、帰宅してからAcoは3食目の食事を取ります。私はだいたい赤ワインを飲みながら、ちょこちょこチーズなどを摘まみつつ、夫に食べさせる手抜き料理を作ります(笑)

ステーキと夏野菜 焼くだけ

オムレツとハヤシライス

とんこつラーメン

ぬか漬けも漬けます

ボーンブロスで鶏肉・野菜・パスタのスープ

ハッシュドビーフ夏野菜添え

休みの日は、日持ちしそうなものを作り置きしたり、栄養カウンセラーの方に教えて頂いた”ボーンブロス”を5時間程煮込んで保存したりしています。

作り置き

ボーンブロス・香味野菜

勿論美味しいものが好きなので、たまには外食もしますが、普段はこのお弁当生活が私達の生活サイクルに合っているようです。

Acoは料理をするのか?とたまに質問されますが、ごくたまに休日にパスタを作ったり、私の時間がない時はお弁当を作ったりします。
パスタはなかなか美味しいですよ!!

Aco作:トマトソースパスタ

Aco作:ボーンブロス スープ パスタ
自分で作っているのでお弁当の中身はわかっているのですが、毎日お弁当の時間は私の楽しみです♪